映画PICKUP

「愛の嵐」を久々に観返しました。

ここのところ、ちょっと濃い目のマンガ、小説、映画を意識的に見ています。
理由はとっても濃いーSM人生を送ってきた方の話を聞いたせい。

で、愛の嵐を久々に見ました。

うーん、濃いです。愛とかっていうのは高尚なもんじゃなくて、飯食いたいとかに近い、原始的な、どうしようもない欲求なんだというのが改めて分かります。

にしてもシャーロット・ランプリングは美しい。自分が好きだった女の人はみなシャーロット・ランプリングの目つきをしてたんだ…というのを今更ながら実感しました。中学のときのあの子も、大学生の時のあの人も…。余計なことを色々思いだしてしまいました…。

ヘビーな物語ですが、おすすめいたします。たまにはビターなお話を騙されたと思って。

追記:勢いで「ヴェニスに死す」も観たんですが(仕事せいよですね)、こっちもダーク・ボガードが主演男優でしたね。
映画って時間が経ってから観直すと、あれ、こんな作品だったっけということがあって楽しいです。